企画展

過去の企画展開催中の企画展

井上靖への視座「井上靖の詩・視・詞」展 
会期 2013年7月25日(木)~12月25日(水)

※ご好評につき12/25(水)まで会期を延長いたします


井上靖は自分は生涯詩人である、子どもはみな詩人ですと述べています。本展では、「詩」「視」「詞」の三点から井上作品の原点に迫ります。今でも作家の優しい眼差しが、出会った方々の眠っている詩心をよみがえらせてくれているのでしょう。 井上51歳の1958(昭和33)年に第一詩集「北国」を著してから、生涯に22冊の詩集を発刊。それらは井上全806作品の半分を占めています。なお、本年11月は開館40周年、28年振りに詩集「シリア沙漠の少年」復刊します。
なお、本展は好評につき会期を延長し「秋、詩人色月間」としてジュニアポエム特別展を開催いたします。

【展 示】
1.詩・・・「詩の洗礼」
「カチリ 石英の音 秋」沼津中学同級生、藤井寿雄の詩の洗礼を受けます。その後、金沢四高時代から詩を書き始め、『日本海詩人』や『焔』の同人となります。

2.視・・・児童詩誌『きりん』の創刊と選考にかかわった頃
「雪が降ると…」子どもの視心をそのままに受けとめます。
戦後の大阪、関西の詩人竹中郁、安藤冬衛、野間宏らと交流します。

3.詞・・・詩から小説へ
「猟銃」「比良のシャクナゲ」など、詩から小説に孵化する作品を紹介します。

4.詩集・・・『シリア沙漠の少年』復刊と活用
現在、井上詩集は全て絶版です。ご要望に応えて28年振りに『シリア沙漠の少年』を復刊します。本詩集に載る「わたしが遺したい井上靖の詩」を紹介します。

特別展示
「ジュニアポエム双書」シリーズの220冊を特別展示

【催 し】
 ・第1回「翌檜(あすなろ)道場」―親子で詩をつくろう―
   日時:2013年8月13日(火)・16日(金)の2回  各回13時~14時
   会場:井上靖文学館
   対象:小学1年生~6年生(幼児も可)・親子で15名
   料金:入館料のみです ※事前にご予約願います

 ・文学館パンフレット改刷・・井上の「富士」にかかわる4詩を選文しました
 ・詩集『シリア沙漠の少年』を開館40周年記念復刊、8/15より館で販売、
  記念朗読会開催予定
 
・秋の文学展講座
  第7回 「『シリア沙漠の少年』朗読とおはなし」
    9月月29日(日) 講師:福田美鈴
   第8回 「父・井上靖の詩について」
    10月6日(日)  講師:黒田佳子
  第9回 ジュニアポエム講座「ジュニアポエムの世界~子どもと親と先生と」
    12月1日(日)  講師:中村孝一・西野真由美 

・来館記念イベント
    11月23日(土・祝)・24日(日)にご来館の児童全員にガラポン抽選。
     記念グッズプレゼント。


協力:銀の鈴社 きりん友の会・浮田要三  
後援:福田正夫詩の会 井上靖記念文化財団 劇団しろばんば


お問合せ・ご予約
井上靖文学館
電話 055-986-1771
水曜休館(8/14は開館します)


「詩画集 北國」装幀 詩・井上靖 画・脇田和
  1972(昭和47)年
株式会社 求龍堂 発行