企画展

開催中の企画展 過去の企画展

「伊豆への旅・春」
 川端康成、梶井基次郎、井上靖 展
会期 2014年3月27日(木)~7月22日(火)


多くの文学者が訪れ、その作品の舞台となってきた伊豆。
川端康成が天城湯ヶ島(旧上狩野村)を訪れたことを機に、「湯ヶ島文士村」は生まれました。
本展は川端康成・梶井基次郎の湯ヶ島、その頃の井上靖、昭和初期の伊豆・天城を紹介いたします。

【展 示】
1. 伊豆への旅・湯ヶ島  川端康成・梶井基次郎
  土地の人たちとの交流を紹介する

2. 伊豆からの旅立ち  井上靖
  「天城に育てられた」井上のふるさとへの想い紹介する

3. その頃の「写真散歩」
  大正から昭和初期の湯ヶ島を写真で歩く

【見どころ】
  川端が打った碁石・碁盤、梶井の作品「藪熊亭」原稿、
  井上「拓本」屏風など土地の人々との交流が伝わる50点を
  文学館初展示します。

【催 し】
5月6日(月・振替休日)は井上靖107回目の生誕記念日、入館料無料です
  先着107名にはガラポンにご参加いただけます

〇文学館スタッフによる「企画展トーク」
  会期中の各日曜日 13時~13時30分

〇2014年第2回文学展講座 「瓊花(ケイカ)と鑑真和上」
  4月20日(日) 13時~14時
  講師・浦城幾世(井上靖長女)

〇2014年第3回文学展講座 「自然・人情、そして文学 -春-」
  6月22日(日)・7月6日(日) 13時~14時 
  講師・勝呂奏(桜美林大学教授、冊子「伊豆文学散歩」監修)
  ※6月22日は定員に達したため募集を終了しました
   ご好評につき7月6日に追加開催をいたします


  ※文学展講座は定員20名、参加費は入館料のみ、事前にお申込みください


協力: 伊豆近代文学博物館、落合楼村上、湯本館、天城屋、湯川屋、
     丸川・暁実香也、相原美和
協賛: 伊豆文学フェスティバル実行委員会(静岡県文化・観光部)
後援: 井上靖記念文化財団


お問合せ・ご予約
井上靖文学館
電話 055-986-1771
水曜休館(4月30日は開館いたします)
※なお、会期中の5月6日(火)は107回目の生誕記念日につき入館料無料


昭和初期の世古峡 湯川屋・所蔵

静岡県発行冊子「伊豆文学散歩」