企画展

過去の企画展 過去の企画展

「食べる」文学 展
会期 2014年7月24日(木)~12月25日(木)


「通知簿を貰う日は、いつもおぬい婆さんは、彼女の最も自慢の料理であるライスカレーを作った。」
わたくしたちには、自然の恵みを生活の旬としていただき、それを暮らしの句読点とした「旬の文化」がありました。
本展では、井上靖の『しろばんば』、『幼き日のこと』など自伝的作品を中心に、作品に登場する食べものや、復刻レシピを紹介します。
井上作品を、暮らしの旬を、ご賞味いただきたくご案内いたします。

【展 示】
1. 井上靖自伝的三部『しろばんば』、『夏草冬濤』、『北の海』の「食べもの」
  おめざ、ライスカレー(レシピ)、黄色いゼリー、そばがき、トンカツ

2. 「中国行軍日記」(レプリカ)と「山葵羊カン」レシピ
  井上は30歳にして応召。北支行軍の日記には「山葵羊カン」は幾度も登場。

3. 今、食べたい! 井上ゆかりのお店を紹介
  ライスカレー、おめざ、うどん、お酒など、ゆかりのお店を紹介

【見どころ】
井上幼少時代、大正の頃の子供茶碗、その頃の食器、作品に登場する食べ物を紹介します。
「中国行軍日記」(レプリカ)、井上が文学館で講話した時のグラス・・初公開

【催 し】
〇文学館スタッフによる「企画展トーク」
  会期中の毎日曜日 13時~13時30分

〇第三回あすなろ道場「“読書感想画”─本を読んで絵を描いてみよう」
  8月16日(土) 13時~14時
  対象 小学生から大人までの10組
  講師 文学館スタッフ

〇2014年第5回文学展講座 9月 「『しろばんば』を食べる集い」開催
〇2014年第6回文学展講座 10月 井上靖の最新研究書発刊記念講座を開催
〇2014年第7回文学展講座 10月 「『しろばんば』を食べる集い」開催
〇2014年第6回文学展講座 11月 「『しろばんば』を食べる集い~食甘味の山葵羊カン~」開催


協力: 岡田明子、丸川・暁実香也、ぺしゃわーる:日本橋、若松園:愛知県豊橋市、手打ちうどん笑福亭:京都市竜安寺近く、ガット・ビアンコ:伊豆市観光協会天城支部
後援: 井上靖記念文化財団


お問合せ・ご予約
井上靖文学館
電話 055-986-1771
水曜休館(8月13日は開館いたします)


京大生の時に通った「笑福亭」 1972(昭和47)年