井上靖のことば

バックナンバー

2015.9.5更新


「元氏(げんし)」

河北省南西部の元氏という小さい部落でわれわれは
崩れかかった城壁の上にせっせと土嚢(どのう)を
積んだ。やがて何時間か後には行われるであろう敵
襲に備えて、おのおの自分の前の砦を補強するため
に忙しい日没の一刻を過していたのだ。その時の不
思議に静かな薄暮の訪れを、初冬の平和な村々の茂
りを、遠く地平のあたりを南下して行った鳥の大群
を、そして遥か西方の山裾にしきりに打揚げられる
烽火の煙を、あるいは又その時われわれ三人が交し
たひどく屈託のない会話を、それら一切をいま思い
出すことのできるのは私ひとりである。右の友も左
の友も、その翌日からはこの世にいないのだ。あの
夜にはいったい何が行われたと言うのか。激戦――
そんな濁った騒がしいものは微塵(みじん)も起り
はしなかった。運命の序列、そうだ、われわれが持
っていてしかも知らない己が運命の序列を、仮借(かしゃく)
なくつきつけて見せるひどく冷たいものが、あの夜
の闇の中を静かに、だが縦横に走っていたのだ。そ
して硫酸のような雨が音もなく、併(しか)しこや
みなくわれわれの精神の上に降り注いでいたのだ。


1947(昭和22)年7月、新大阪新聞社『働く人の詩』へ発表、井上靖40歳。
詩集『北国』、一九五八(昭和33)年3月、東京創元社。
詩集『シリア沙漠の少年』、一九八五(昭和60)年8月、教育出版センター 収録。
同詩集を28年ぶりに2013(平成25)年8月、銀の鈴社が復刊。当館でも販売中。


「天体の植民地」
中国行軍日記

「中国行軍日記」1937(昭和12)年10月28日(木)より抜粋

「元氏に向つて行軍、四時起床、六時出発。昨夜半、少し胃が痛んだので朝食を控目にする。昨日、一昨日の強行軍にさすがに疲れてゐる。相変らず車輪をみつめ湯ヶ島のことを考へて歩く。小雨、寒し、寒いけれど汗びつしより。最後尾だけに凄い強行軍、殆ど半分はかけ足。豆はできてゐないが足が重くて上らぬ、内地ではたれもこんな苦労を想像してゐないだろー。あゝ宿無し部隊は嫌になつた。」

戻る