井上靖のことば

バックナンバー

2018.3.2更新


「オリーブ地帯」



人間の苦しみの中で、猜疑心(さいぎしん)という奴が一番苦しいものなのかな。
火刑よりも磔(はりつけ)よりも苦しいかも知れないな。






連載小説「オリーブ地帯」(Roman Books)より抜粋
1954年(昭和29年) 婦人生活1月から12月まで連載、
同年12月講談社より刊行。井上靖47歳。
昭和30年7月『「オリーブ地帯より」 第二の恋人』という題名で松竹にて映画化。




戻る