井上靖のことば

バックナンバー

2020.6.06更新


「川の話」




「私は現在川そのものは、どんな美しい流れであろうと、そう感動しなくなっている。やはり川の傍に人間の生活があった時、その川が生き生きとして美しいものに感じられる。」





「川の話」

 昭和38年7月7日付 『朝日新聞』PR版 井上56歳
『井上靖全集 第26巻』1997年9月、新潮社へ収録
なお、同名の小説『川の話』もある 。






戻る