井上靖と作品

井上文学について

人間の本質をやさしくとらえる

北海道旭川で生まれた井上靖(1907~1991)は、天城湯ヶ島、三島・沼津で18歳まで過ごしました。伊豆の地が『しろばんば』『夏草冬濤(なつぐさふゆなみ)』、洪作少年を誕生させました。沼津中学(現・沼津東高校)時代には、文学へ目覚めるきっかけとなる友人たちと出会い、金沢の四高(しこう)で詩作を始め、京都帝国大学を卒業後大阪毎日新聞社に入社。小説『闘牛』で第22回芥川賞受賞、文壇へは1950(昭和25)年43歳デビュー。現代小説、歴史小説、エッセイ、自伝的小説、シルクロード西域関連の作品、詩集など創作、その軌跡は「山脈」と讃えられます。人間の本質を優しくとらえた井上文学、時を超えて愛されつづけています。