井上靖と作品

年譜

1907年(明治40年) 北海道上川郡旭川町で、軍医井上隼雄と八重の長男として生まれる
原籍は静岡県田方郡上狩野村湯ヶ島
1910年(明治43年) 3歳 天城湯ヶ島で戸籍上の祖母かのと暮らす
1920年(大正 9年) 13歳 1月、祖母かの死去 2月、父の新任地の浜松尋常高等小学校(現・元城小学校)に転校、浜松師範附属尋常高等小学校に入学
1921年(大正10年) 14歳 4月、静岡県立浜松中学校(現・浜松北高校)に入学
1922年(大正11年) 15歳 父の任地が台湾という内示が出たため、家族は三島に移り、静岡県立沼津中学校(現・沼津東高校)に転校
1924年(大正13年) 17歳 沼津市の妙覚寺に下宿、文学好きのグループとの交友が始まる
1927年(昭和 2年) 20歳 金沢の第四高等学校(現・金沢大学)理科甲類に入学 柔道部に入って練習開始
1929年(昭和 4年) 22歳 井上泰の筆名で『日本海詩人』『焔』などに詩を発表 柔道部を退部
1930年(昭和 5年) 23歳 4月、九州帝国大学法文学部英文科に入学 登校の興味を失い上京文学書を読みふける 9月、同大学を退学
1932年(昭和 7年) 25歳 京都帝国大学文学部哲学科に入学、美学を専攻この頃から懸賞小説に連続して入選する
1935年(昭和10年) 28歳 京都帝国大学名誉教授足立文太郎の長女ふみと結婚
1936年(昭和11年) 29歳 京都帝国大学卒業
『サンデー毎日』に応募した「流転」が千葉亀雄賞に入賞 毎日新聞社大阪本社に入社 『サンデー毎日』編集部勤務となる
1937年(昭和12年) 30歳 同社の学芸部直属となる 日中戦争で召集され、北支に渡るが、脚気のため野戦予備病院に収容される
1938年(昭和13年) 31歳 内地送還となり招集解除 学芸部に復帰し宗教欄を担当
1939年(昭和14年) 32歳 同社の美術欄も担当 仏典・仏教美術・画壇関係の取材も集中する
1942年(昭和17年) 35歳 新聞社勤務の傍ら京都帝国大学大学院に籍を置き学究活動
1945年(昭和20年) 38歳 学芸欄なくなり社会部 終戦の記事「玉音ラジオに拝して」を執筆
大阪の茨木から通勤 家族は現在の鳥取県日南町神福に疎開
文化部勤務 41歳までに大阪本社、東京本社勤務
1950年(昭和25年) 43歳 『闘牛』により第22回芥川賞を受賞
1951年(昭和26年) 44歳 毎日新聞社を退社し社友 文筆活動に専念する
1953年(昭和28年) 46歳 『あすなろ物語』(オール讀物)、『風林火山』(小説新潮)連載
1958年(昭和33年) 51歳 『天平の甍』(中央公論)により第8回芸術選奨文部大臣賞を受賞
1959年(昭和34年) 52歳 『氷壁』(朝日新聞)、その他により第15回芸術院賞を受賞
1960年(昭和35年) 53歳 『しろばんば』(主婦の友)連載 『楼蘭』(文藝春秋)『敦煌』(群像)により第1回毎日芸術大賞を受賞
1961年(昭和36年) 54歳 『淀どの日記』(文藝春秋新社)刊行 第14回野間文芸賞を受賞
1964年(昭和39年) 57歳 日本芸術院会員となる 『風濤』(群像)により第15回読売文学賞を受賞 『夏草冬濤』(産経新聞)連載 『花の下にて』(群像)発表
1968年(昭和43年) 61歳 『北の海』(東京新聞ほか数紙)連載
1969年(昭和44年) 62歳 日本文芸家協会理事長に就任 『おろしや国酔夢譚』(文藝春秋)により第1回日本文学大賞を受賞 『月の光』(群像)発表
1971年(昭和46年) 64歳 『星と祭』(朝日新聞)連載
1973年(昭和48年) 66歳 静岡県長泉町クレマチスの丘に「井上靖文学館」開館
母、八重88歳逝去
1974年(昭和49年) 67歳 『雪の面』(群像)発表 日本文化財保護審議会委員
1975年(昭和50年) 68歳 『わが母の記』(講談社)刊行 井上靖文学館で講演
1976年(昭和51年) 69歳 文化勲章受章 井上靖文学館で講演 韓国取材 大岡信等と訪中
1979年(昭和54)年 72歳 NHKシルクロード取材班と西域各地を旅行
1980年(昭和55)年 73歳 童話『銀のはしご』(小学館)刊行 第2代日中友好協会会長就任
1981年(昭和56)年 74歳 『本覚坊遺文』(群像)連載 第9代日本ペンクラブ会長に就任
1987年(昭和62)年 80歳 『孔子』(新潮)連載 妻ふみと渡仏 訪中
1989年(平成 1年) 82歳 『孔子』により第42回野間文芸賞を受賞
1991年(平成 3年) 83歳 1月29日逝去

誕生後100日頃の靖
1907(明治40)年

しろばんば時代 靖8歳、妹静子と
1915(大正4)年

下宿先の妙覚寺の鐘堂にて 右・靖、中央・『あすなろ物語』『夏草冬濤』に登場する寺の娘「幸」 1925(大正14)年

『欅の木』執筆の頃 靖63歳
1970(昭和45)年1月

文化勲章の日 靖69歳、ふみ夫人と
1976(昭和51)年11月

1984(昭和59)年12月 雑誌のインタビューを受ける靖(77歳)
撮影・宮寺昭男